Skip to Main Content
Audi showroom
アウディ|Audi

トランスフォーメーションの取り入れ方

カスタマーの生活圏は益々市内中心部に移行しつつあります。アウディの従来の目標は、顧客にショールームを提供することでした。しかし、自動車販売業が、ブティックのように変わるにはどのようなアプローチが必要でしょうか?

Client

Audi

Services
Customer Experience & Design
Innovation & Digital Product Management
Technology & Engineering
Strategy & Consulting
Data & Artificial Intelligence
Industries
Transportation & Mobility
変化の必要性

変化の必要性

当社のチームは、既存のバイヤーのアウディに対する知識や情報を維持しながら、狭い空間から豊富なチャンスを生み出さなければならないというチャレンジに直面していました。その解決策は「アウディ・シティ」でした。

変革的なソリューション

当社のカスタマー中心型フレームワークを基に、アウディのエグゼクティブとの協力を経て、アウディ・シティと呼ばれる購入シミュレーションをデジタルバイヤーに提供しました。アウディ・シティにより、カスタマーは48,000種類に至るの注目商品モデルをすべて体験できるようになります。

シミュレーションは、マルチタッチテーブルを使用して、好きなオプションや色を選択することから始まります。その後、直接スクリーンをタッチしながら、実際のアウディ車体と同じ大きさのイメージをショールームの壁に映し、あらゆる角度から確認することができます。アウディのエンジニアリング技術に興味のあるカスタマーの場合、ボンネットやシャーシの下まで覗くことができます。価格や在庫などについては、バックエンドシステムへの接続を通して確認できる機能は、カスタマージャーにーをさらに豊かにすると言えるでしょう。

変革的なソリューション

アウディ・シティ|Audi City

従来の購入プロセスをカスタマー中心のエクスペリエンスに転換することで、カスタマーは、シンプルなマルチタッチ技術で夢の車を実現できます。

Audi City showroom
アウディ・シティのタッチスクリーンと汎用性のあるインタラクティビティは、従来の自動車ディーラーに先駆ける革新的な動きです。
テックレーダー|TECHRADAR

ビジネスへの影響

アウディ・シティは、デジタル技術を備えた初ポータブル自動車ショールームです。実物の自動車は登場しませんが、すべてのオプションが体験できるシステムとなっています。革新性を帯びたこのようなデジタル環境を通して、これまでになかったアウディのポートフォリオのすべてをカスタマーに提供できるようになります。

シームレスなジェスチャーコントロールと実物車体に対応するレンダリングを備えたエクスペリエンスは、価格や在庫情報のリアルタイム提供システムとともに、カスタマーに自動車の購入における革新的なアプローチを提供します。

世界中の主要都市を中心に開始されたアウディ・シティは、素晴らしい成果を収めています。ロンドンのアウディ・シティの場合、収益が70%増加し、カスタマーの65%が試乗なしでアウディの自動車を購入するようになりました。また、オプション機器の売上まで20%増加しています。

70%
ユニット売り上げ数70%の増加
30%
ユニットあたりのマージン30%の増加
90%
アウディが初めての新規顧客数90%増加
65%
テストドライブ無しに購入された車台数65%増加